【2020年版】SEO対策に最適なメタディスクリプションの書き方5つのコツ!

ペンと紙のイラスト

内部SEO対策として重要なmeta discription(メタディスクリプション)」

タイトルと同じ様にメタディスクリプションにも書き方にコツがあります。

 

サイトに訪問する前にユーザが目を通すのがタイトルとメタディスクリプションなので

書き方次第ではクリック率やサイトの評価に大きく影響してきます。

今回は内部SEO対策としてメタディスクリプションの書き方のコツを5つ紹介します。

 

▼その前にまずどこから設定したら良いのか分からない方はこちら!

検索虫眼鏡と目のイラスト

ワードプレスでメタディスクリプションを簡単に設定できるプラグイン「All In One SEO Pack」

1.meta discription(メタディスクリプションとは)

メタディスクリプションとは検索結果ページでタイトルの下に表示されてる文章のこと。

「スペニット」とも呼ばれており、クリック率を上げるためにも重要な部分です。

 

何も設定していない場合は空欄になる訳ではなく、Googleが記事内から最適な部分を表示します。

逆にしっかりメタディスクリプションを設定していても、不適切だと書き換えられてしまう場合も。

 

皆さんもどのサイトを見ようかなと思った時に「このサイト良さそうだな」と判断するのは

タイトルとメタディスクリプションだと思うのでしっかり設定してきましょう。

2.メタディスクリプション:書き方のコツ

ユーザに魅力的なメタディスクリプションを読んでもらいクリック率を上げるには

書き方のコツをしっかり押さえてから設定に取り組みましょう。

 

①書き方のコツ:まずは文字数

メタディスクリプションには表示される文字数がPCとスマホ版で決まっています。

気合入れて長文かいても省略されてしまうため下記を参考に設定してみましょう。

 

・PC:100文字〜120文字

・スマホ:50文字〜60文字

 

特にスマホが主流な中、メタディスクリプションは50文字とかなり少ないです。

そのためユーザーに伝えたい内容は前半に書いておくのがベターです。

 

②書き方のコツ:キーワードを入れよう

狙っているキーワードをメタディスクリプションに盛り込むのもコツの1つです。

検索キーワードはメタディスクリプションでは太文字で表示されます。

 

これによりユーザーの目に止まりやすくなるのですがキーワードの入れすぎは注意。

Googleからあまり良い評価をされないケースも多いので2回くらい入れるのが良いでしょう。

 

また、先ほどの文字数の話を考慮すると出来るだけ前の方にキーワードを入れる事。

キーワードも盛り込んだのに文字数で表示されないとかは勿体ないですからね。

 

③書き方のコツ:関連キーワードを入れても良い

先ほどは狙っているキーワードでのお話でしたが「関連キーワード」でもOK

他の検索ワードでも上位表示される可能性が高まるためSEOとしては効果的です。

 

例えば・・・

「WordPress インストール」で検索した人向けの記事を書く場合

メタディスクリプションに「ワードプレス」と敢えて入れることで

ワードプレス インストール」で検索しても上位表示されるようにする。など

 

でもまずは狙っているキーワードを優先するべきなので余裕があればでOK。

タイトルに入れたかった関連キーワードをメタディスクリプション入れるくらいが上手かもです。

 

④書き方のコツ:各ページごとに設定する

同じ様な内容の記事でも「メタディスクリプションが重複」するのはNGです。

サイトの評価がガクッと落ちてしまいますんでページごとに設定しましょう。

 

⑤書き方のコツ:簡潔に要約して書く

これだけメタディスクリプションはクリック率に影響しますと言うと

ガチガチに書いて設定した方が良いのではないかと思ってしまいがちです。

 

試行錯誤して設定するのは大切な事なのですが実際に自分が検索する場合を考えましょう。

見るとは言え、メタディスクリプションは意外と流し読みではありませんか?

 

ほとんどのユーザーはタイトルやメタディスクリプションをじっくり見る前にクリックします。

そのため瞬間的に頭に入るように簡潔で要約された内容を書くのがコツになります。

 

まとめ:コツが分かれば設定していこう

ページのイラスト

メタディスクリプションはユーザーにとってはそのサイトのサブタイトルみたいなモノ。

じっくり見ないとは言えその記事がざっくりどんな内容なのかを

キーワード含めて書ければ自然とクリック率も検索順位もupしていくでしょう。

 

▼最後にメタディスクリプション書き方のコツをまとめたのでおさらい

・文字数を考慮する

・キーワードを前の方に入れる

・関連キーワードでもok

・各ページ毎に設定し、重複は避ける

・瞬間的に読んでも分かるように

 

▼メタディスクリプションもそうだけど、文章の書き方をおさらいしたい方はこちら!

デスクと女の人のイラスト

【Webライティング】初心者が学ぶ記事の書き方!これだけ押さえればアナタもWebライター!

 

▼くろねおんのTwitterはこちら!

Twitter